HOME > 会社情報 > 沿革(1900〜1940年代)

沿革(1900〜1940年代)

1900年(明治33年)岐阜県海津郡(現海津市)平田町に本屋が生まれました。それから百年以上の年月を経て現在の総合教材会社 文溪堂があります。
「練習帳」の製作・販売から始まり、わたしたちはいつも子どもたちとともに成長してきました

1900〜1940年代

1900年

初代社長の写真

初代水谷林之助、岐阜県今尾町(現海津市)において書籍・教科書販売業を創業、「文溪堂」と称する。

1914年

二代水谷鎌吉、18歳にして業を継ぐ。

1932年

「地理実習帳」の写真

「国語・算数の練習帳」「書き方手本」「地理実習帳(日本・世界)」の製作発行を始め、教材出版業への礎を築く。

1933年

「夏休みの友」「おけいこどうぐ(小学1年)」「ひらがなカード」を発行する。

1936年

国語・算数の練習帳をバラ式に変更し、名称も「月刊プリント(現在のテスト)」として発行、通信販売にものせる。

1942年

妻水谷さく、家業を引き継ぐが、戦火拡大し「月刊プリント」月販20万部に減少する。

1944年

用紙の不足と店員の応召により、「月刊プリント」の発行を一時中止する。

1946年

「学習プリント」の写真

三代水谷清吉、家業を継ぎ、「月刊プリント」を復刊、「学習プリント」として販売する。