HOME > 会社情報 > 沿革(1990年代)

沿革(1990年代)

1900年(明治33年)岐阜県海津郡(現海津市)平田町に本屋が生まれました。それから百年以上の年月を経て現在の総合教材会社 文溪堂があります。
「練習帳」の製作・販売から始まり、わたしたちはいつも子どもたちとともに成長してきました

1990年代

1990年

中学校用教材主出版社の(株)学宝社を経営傘下におさめる。
月刊誌「日本児童文学」を刊行する。

1991年

第二物流センターの写真

第二物流センター完成する。
CIを導入し、新コーポレートマーク《ゆめたまご》を採用する。
出版社の(株)青樹社を経営傘下におさめる。

1992年

岐阜県少年サッカー大会に協賛し、「ぶんけいカップ」の冠大会となる。
Be-NETを開設する。

1993年

ジュニア情報年鑑「ユニボス21」を全国の書店より販売する。

1994年

新東京本社ビルの写真

新東京本社ビルを取得し、開設する。
「日本児童図書出版協会」へ加盟する。

1995年

記念資料館を建築する。

1996年

社長に水谷晃三が就任する。
「ぶんけいソフトピアセンタービル」が竣工する。

1997年

クロッサムの写真

中学家庭科教材開発プロジェクトを発足、中学校布教材「クロッサム」を発売する。
市販図書「ダルメシアン」が第44回産経児童出版文化賞を受賞する。

1998年

文溪創作児童文学賞受賞作品「バイ・バイ−11歳の旅立ち−」が第8回椋鳩十児童文学賞を受賞する。
教育ソフト「国語科資料集」「ビジュアル学習事典−日本の歴史」が1998年優秀映像教材選奨入賞作品に選ばれる。

1999年

販売店支援ソフト「エキスパートVol.1」の予約受注を開始する。
市販図書「日めくりのすきま」が第13回新見南吉児童文学賞を受賞する。
教育ソフト「マルチ日本かけ図」が日本視聴覚教育協会主催の教育映像祭で文部大臣賞を受賞する。