HOME > 会社情報 > 沿革(1950〜1970年代)

沿革(1950〜1970年代)

1900年(明治33年)岐阜県海津郡(現海津市)平田町に本屋が生まれました。それから百年以上の年月を経て現在の総合教材会社 文溪堂があります。
「練習帳」の製作・販売から始まり、わたしたちはいつも子どもたちとともに成長してきました

1950〜1970年代

1953年

法人組織とし、株式会社文溪堂とする(社員数12名)。

1956年

計算・暗算のドリルの写真

「漢字のドリル」「計算・暗算のドリル」を発行する。
学習プリントを「テスト」と改称、各ページごとに袋入れし販売する。(発行部数320万部)

1957年

東京営業所の写真

東京営業所(東京都新宿区)を設置する。

1963年

新社屋文溪ビルの写真

新社屋文溪ビル(岐阜市長住町)が完成する。
「文章題ドリル」を発行する。

1968年

ロビンマーク

トレードマークとしてロビンマークを採用する。

1972年

「社会科資料集」を発行する。

1973年

「裁縫セット」「家庭科用布教材」を発売する。(発売総数15万セット)

1977年

感想文コンクール「てのひら文庫賞」を開催する。

1978年

当時のドリル教材

営業センター(現流通センター)が完成する。