HOME > 会社情報 > 沿革(2000年代)

沿革(2000年代)

1900年(明治33年)岐阜県海津郡(現海津市)平田町に本屋が生まれました。それから百年以上の年月を経て現在の総合教材会社 文溪堂があります。
「練習帳」の製作・販売から始まり、わたしたちはいつも子どもたちとともに成長してきました

2000年代

2000年

計算ドリルの写真
漢字ドリルの写真

市販図書「ハリネズミのプルプル」が第30回赤い鳥文学賞と第13回赤い鳥挿し絵賞を同時受賞する
21世紀のネットワーク時代に向けてコンピュータによる全社ネットワークシステムがスタートする。
ISO14001の認証取得を受ける。
漢字・計算ドリルの表紙に、世界的なキャラクターミッキーマウスを採用する。

2001年

岐阜県より「環境配慮事業所(E工場)」として認定される。
(財)21世紀財団より「均等推進企業表彰」の中で、女性の活用に対して岐阜労働局長賞を受賞する。

2002年

新しい分野への進出として、生活科「あさがおセット」理科「サイエンスボックス」を企画販売する。
全国教育研究所連盟「教育課程等(国際・情報・環境教育)」を(財)総合初等教育研究所の主幹により開催する。
CTP(フィルムレス)による印刷が、3学期商品より全面的に導入される。

2003年

「ワニぼうのこいのぼり」の写真

市販図書「ワニぼうのこいのぼり」が図書館協議会の課題図書に初めて選定される。
社長に水谷邦照が就任する。

2004年

「がんばれ!しろくまピース〜人工飼育でそだったホッキョクグマの赤ちゃん〜」が第51回産経児童出版文化賞推薦となる。

2005年

「武器では地球を救えない エスペラント語をつくったザメンホフの物語」が第52回産経児童出版文化賞推薦となる。
標準学力診断テスト発刊 ぶんけいテストと連動させた「標準学力診断テスト」を発刊し,新しい評価システムとして提案する。

2006年

「ぼく,おかあさんのこと…」がオランダ銀の石筆賞,フランスのピチョー賞受賞。

2007年

N+(プラス)テスト発刊 従来のテストに活用力の評価の機能を加えた,N+(プラス)テストを発刊する。
小学校英語シリーズ第1巻(全5巻)を刊行する。

2008年

「hito*yume」創刊号

「スパイダーウィックの謎」全5巻を原作とする映画が全国公開される。
JICA国際教育視察団(チリ)来社。
「国語の力」発行。
「ひと*ゆめ」創刊号発行。

2009年

Aプラステスト,漢字まるノート,観察実験ずかん 科学とともだち,日本語のしらべ 発行
「てんまる」に通知表機能追加。
1単元の株式数を1000株から100株に変更。