発芽の頃

このころの
栽培のポイント

  1. 水やりは,土の表面が乾いてから行いましょう。
  2. 芽がまったく出ない場合,原因を明らかにして再度種まきを行いましょう。
  3. 発芽後は,アブラムシなどの害虫の早期発見に努めましょう。

発芽の様子

  • 根が伸びる
    根が伸びる
  • 発芽
    発芽
  • 双葉が持ち上がる
    双葉が持ち上がる
  • 双葉が開く
    双葉が開く

条件が良いと,種をまいて4日目ぐらいから発芽が始まり,2週間ほどでほぼすべての芽が出そろいます。発芽促進加工を施していない種は,1週間ほどたってから発芽し始めます。

芽が出ない

原因として,種を深くまきすぎた,土を強く押さえすぎた,水をやりすぎた,まく時期が早すぎた,鳥に食べられたなどが考えられます。また,発芽促進加工を施した種は,長時間水に浸すと発芽しにくくなります。10日過ぎても1本も芽が出ない場合,種を掘り起こして原因を調べ,もう一度まき直すか,苗によゆうがあれば植え替えをしましょう。6月上旬のまき直しでも,夏休み前に十分つるが伸び,つぼみがつくところまで育ちます。

アブラムシの発生に注意しましょう

双葉が開く頃になると,アブラムシがどこからともなく飛んできます。アブラムシは,あさがおの茎や新芽に取りついて汁を吸い,弱らせたり,葉に奇形をもたらしたりするだけでなく,様々な病気を媒介したりします。 もし大量に発生した場合,薬剤をまいて対処しますが,予防として黄色いバケツに水を入れて置いておく方法があります。アブラムシは黄色いものに引き寄せられるため,その性質を利用してみましょう。

鉢を置く場所

植木鉢は陽当たりが良く,風通しのよい地面の上に置きましょう。風通しが悪いと,病気や害虫が発生しやすくなります。また,アスファルトやコンクリートの上では,温度が必要以上に上がってしまいます。

寒冷地での栽培について

屋外での栽培は遅霜(おそじも)によって芽が傷むことがあります。植木鉢に覆いをかぶせるか,陽当たりのよい屋内で栽培するなどの工夫をしましょう。屋内で育てる場合は,暖かい時に外に出すなどして風通しをよくしましょう。風通しが悪いと,胞子菌(きのこ状のもの)が繁殖することがあります。もし発生した時は,つみ取るようにしてください。

水やりはメリハリをつけて行いましょう

水やりの基本は,土の乾き具合やあさがおの様子を見て,足りているときはやらず,必要な時にたっぷり与えることです。

  • 水やりのコツ1
    水やりのコツ1
    土の表面が白く乾いていたら水やりをします。
    湿った状態では水をやらない。
  • 水やりのコツ2
    水やりのコツ2
    植木鉢の底から水が出るまで,たっぷり与えます。
  • 水やりのコツ3
    水やりのコツ3
    水やりは午前中に行います。日中の水やりは土の温度が急激に下がり,あさがおにショックを与えてしまいます。

栽培のポイント

植物を枯らす原因は,意外に「水のやりすぎ」が多いのです。
あさがおの発芽や成長には水は欠かせませんが,水のやりすぎは種や根を腐らせたり,肥料の流出を招いたりと,逆効果になります。