HOME > 会社情報 > 採用情報 > 磯部さん(編集部)のある日の一日

磯部さん(編集部)のある日の一日

磯部さんの写真

編集部の仕事内容は,テストやドリルといった教材の企画を考え,商品として実現することです。「どうすれば子どもにとって楽しく,先生のサポートができる教材が作れるか」という視点で企画を考えるところがスタート。学校の先生をはじめとする多くの方々の力を借りながら教材を作り上げていきます。
自分の教材で子どもたちが楽しく勉強しているのを見たときや,自分の教材が先生のお役に立っていることを知ったときは,教材編集者として最高の瞬間です!

9:00 業務スタート

朝のうちに庶務やメールチェックを済ませ,今日の最初の仕事は「校正」。
校正とは,教材に間違いがないかを確認して正しくする編集にとって大事な仕事です。まちがった教材を学校現場に届けるわけにはいかないので,教科書と付け合わせて念入りに校正します。

11:00 デザイナーさんと打ち合わせ

担当教材のデザインやキャラクターをどうするかデザイナーさんと打ち合わせ。
編集の仕事では学校の先生,編集プロダクションさん,デザイナーさん,画家さん,組版所さんなど多くの人とかかわります。 自分一人では良い教材は作れないので,人間関係はとても大切です!!

12:00 お昼ごはん

年齢が近い人たちとお昼ご飯!会社の食堂で食べるときもあれば,外食に行くときもあります。
仕事終わりにみんなで飲みにいくこともありますよ〜

13:30 チーム内の打ち合わせ

編集部は,国語チーム,算数チーム…というように教科ごとにチームが分かれています。編集の仕事はメンバー同士の連携がとても大切。打ち合わせで情報を共有しながら仕事を進めます。

15:00 編集会議の準備

明日は先生との教材編集会議!成果のある会議にするためには事前準備が重要。忘れ物がないように注意!

17:15 退社

今日はノー残業デーなので定時に退社。19時からは趣味のバドミントンに行ってきまーす。

【次の日】 教材編集会議

学校の先生と教材編集会議!
先生にご指導いただきながら,どうすればより良い教材になるか話し合いをします。編集会議を何度もしながら企画を練り上げていくので,とても大切な会議なんです!

【別の日】 学校モニタ

ときには学校を訪問して,先生方に教材を使った感想を聞いたり,教材のPRをすることもあります。
教材作りの第一歩は学校現場にあり!学校現場の様子を知って,また明日から教材に生かしていきたいと思います!